トップページ メニュー帳 お勧め品:コース料理 ご宴会:ランチ サービス券 プロフィール




《ドイツの雰囲気》
(

”欧風創作料理とワインのお店”
一品調理/ ¥500.-~¥1.500.-
ワイン・フルボトル(赤・白)/¥1.500.-~

ビール/¥600.-~¥1.000.-
(+消費税)

《標準的ご予算》

ランチタイム/ ¥1.200-¥1.600
ディナータイム/¥1.800-¥4.500


Since 1980

2017年
いきなりですが入荷致しました
白蛤(ホンビノス)のプロヴァンス風
Honbinos
à la Provançal

\1,000.-+消費税
<余談です>
〝ホンビノスの名の由来”
近年南米から船の底にくっ付いて東京湾に根付きました。
下世話では“貝”は女性に例えられます。
漁師はこの貝を見て、
本物の〝ヴィーナス″・・だと。
そこで名付けられた名が、ホンビノス。
これホント!
因みに、ラテン語名は白蛤を Albus Paeloris です。



JCN「ちば店覧ガイド」で紹介されました
2015年1月1日~15日迄放送された分です。
撮影は12月中頃の大変寒い早朝でした。


https://www.youtube.com/watch?v=1oMMIyonNgQ

クリックしても上手く行かない時は

àààJCN「ちば店覧ガイド」バーデン・バーデン
でご検索ください




 営業時間 (open)
AM 11:00-14:30(last order13:45
PM17:00-21:45(last order 21:30)


定休日
(day off)
毎週
火曜日

第一・第三
月曜日
(every Tuesday + the first and third Monday)

但し
月曜日のランチは
ご予約の状況により
営業いたします。


日程表
あくまで予定です

その他に時々連休を致します。
Please be adviced that
we'll sometimes be closed irregularly.


Call us for more information at 043-287-2299
2017年 9月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017年 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
2017年 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2017年 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
2018年 1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     
2018年 2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
       
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
     




アクセス》

最寄駅 JR稲毛駅(北口)(山側)
アクセス 東京方面に向かって徒歩5-6分(歩き方にもよる)
JR稲毛駅より 約500メートル
テーブル数 10卓
通常着席数 34名
ご宴会時着席 40名+-前後
駐車場 4台分  当店玄関右隣(大通りより見て裏側)

専用駐車場

大きな地図で見る


大きな地図で見る
 

 * 




総業33年 料理人人生50有余年 “感謝” 

欧風創作料理

世界の味・ドイツの香り
 
ドイツ南西部には、”黒い森”と呼ばれる美しい大森林が有り、
その西端の入口に古代ローマから名高い温泉保養地
バーデンバーデンが有ります。

1,968年、私は24歳。
欧州修行の旅に出た第一歩をしるした土地です。
この記念すべき地を店名にしました。

店名使用に当たっては、
当時のBaden-Baden市長・ワルターカーライン博士より
心のこもった励ましのお手紙と、店名使用の許可を頂き、
又、1993年4月家族でヨーロッパ旅行の折、
Baden-Baden市長を表敬訪問。
Ulrich Wendt市長より、店名と合わせて市の紋章を
公的に許可されました。
(アジアで第一号:日本で当店のみです。1993年4月)

2008年4月訪問の際には、
TV、新聞、ラジオ、雑誌にと取り上げて頂きました。
又、歴代の市長及び関係者の方々と
お付き合いさせて頂いております。

レストラン バーデン・バーデン
店主敬白

2008年4月3日
Baden-Baden市長表敬訪問

Im Rathaus
リヒテンタラーアレーと
市内を流れるオース川

Richtentaler Allee und Oos




< ポリシー> 


食事は愉しく大らかに、

You will have a nice time.

  その全体がご馳走に
Feasts with you.


バーデンバーデンのレストラン クールハウス
(写真では見えませんが、指が一寸見えているのが“私”河合です。
"Restaurant Kurhaus" Baden-Baden in Germany



雰囲気はドイツ風、料理はフランス調理法。

食材には、特にこだわらず、

知恵と経験に頼り、お客様のお口に合うよう工夫をいたしております。



You will have a nice time.  

We are not fastidious about the tradition of foodstuffs.

We always seek after new foodstuffs,

and cook them with our technique and experience.





<Deutsch macht mir Spas>

あれ程苦手なドイツ語が、今では日々のルーティーン。

腐り果てた我が脳味噌は、既に耳より垂れ下がり、

叩けども一向に開かぬ記憶の扉。

悔しさ、淋しさ、情けなさ、落ちる涙を小脇に抱え、

何十回目かの初級へ旅立ち。

その時私は63歳。

 “NHK「ラジオドイツ語講座」2007年7月号”、

馬鹿でも追いつく、最初の三月。

 この先躓く筈だった。

“オット”どうした、? 何やら解る気がするではないか!

畏くも、講師先生の説明に眼が覚めた。

“おやまぁ、どうした”私の脳味噌治ったか。

はたまた講師の先生上手いのか。

“教え方がうまい!” “否 頭が治った!”

 いずれ譲らぬ王者の剣。

気が付けば、叩く扉は、「国立千葉大ドイツ語教師

“清野智昭”と書かれた小さなお部屋。

しつっこく、されど控えめに、教えを請うこと、強引に。

中身の見えないボンクラ頭、チラチラ灯るよ希望の灯。

今は遠くに見えるけど、きっと来るはず明るい朝が。

希望捨てずに今日もまた

馬鹿の一つ覚えの

“継続は力なり” は、かすかな頼り。

てな具合の今日この頃です。

さて皆様には如何お過ごしであられましょうや?

今日も、私を励ます(禿げ増す!?)ドイツ語教材  

清野智昭著 白水社出版


清野智昭先生    田中慎先生
↓アクセスカウンターのタグ↓
アクセスカウンター
カラコンダイエット サプリ女性求人出会い系お取り寄せ和菓子
Copyright © 2008 欧風創作料理 レストラン バーデン・バーデン All rights reserved.
(